トップ受験のためのホテル予約空港レポート羽田空港レポート
羽田空港〜ビッグバード〜レポート

 

空港レポート第三弾!今度は羽田空港を取材してきました!

日本一の旅客数、離発着数を誇る、日本一忙しい空港・羽田空港。
国内線中心の空港ですが、国際線のチャーター便も運航しています。
滑走路は3000mが2本、2500mが1本の計3本あります。

羽田空港は通称「ビッグバード」と呼ばれています。
それは第1旅客ターミナルを上から見たとき、大きな鳥が翼を広げて飛んでいる姿に見えるからです。そのため、胴体に相当するマーケットプレイスを挟んで、それぞれ南ウィング、北ウィングと呼びます。

羽田空港ビッグバード
s
羽田空港もまた、成田空港と同様に第1旅客ターミナルと第2旅客ターミナルにわかれており、さらに国際線ターミナルもあります。

1993年9月に第1ターミナルが完成したときは、全ての航空会社がこのビルを利用していました。しかし、2004年12月に第2ターミナルがオープンすると二手に分かれました。
第1旅客ターミナル 第2旅客ターミナル
JAL 日本航空 ANA 全日本空輸
JTA 日本トランスオーシャン航空 ADO エア・ドゥ
SKY スカイマークエアラインズ SNA スカイネットアジア航空
SFJ スターフライヤー
羽田空港へのアクセス
 

 羽田空港には東京モノレールと、京浜急行が乗り入れていま

 す。 京浜急行は第1ターミナルも第2ターミナルも同じ駅で

 乗り降りしますが、東京モノレールは「羽田空港第1ビル駅」

 と、「羽田空港第2ビル駅」に 別れています。
 この看板の下のポスターには、このモノレールが土日祝限定で

 山手線のど の駅におりても「500円!」と宣伝してあります。

 うーん、便利ですね!
 モノレールと京浜以外にはバスの利用も便利です。

 

 成田空港への連絡は、このリムジンバスが便利です。
 このオレンジ色のエアポートリムジンは、東京空港交通(株)が

 運行しているもので、ランプ内の飛行機とターミナル間の旅客

 輸送バスとしても活躍しています。

 これは成田空港でも見かけたような・・。

 

 羽田空港の場合、2つのターミナルは滑走路があるエリアを

 はさんで向かい合わせに建っています。
 そのためターミナル間を移動するためには、B1Fにある

 約400mの地下連絡通路を歩いていくか、第1ターミナル→

 第2ターミナル→国際線ターミナルの3つのターミナルを結ぶ

 無料連絡バスを利用します。


←こちらがその無料連絡バス。

ターミナルの様子
 

 第1ターミナルは地下1階、地上6階、第2ターミナルは

 地上5階の建物です。
 B1Fにはターミナル連絡通路や、モノレールと京浜急行線の

 乗り場があります。
 1Fは到着ロビー。
 2Fは出発ロビー。
 3Fは駐車場連絡口とマーケットプレイス。
 4〜6Fはマーケットプレイス。
 そして屋上に展望デッキです。
 どちらも2〜4Fまでは吹き抜けで天井が高く、非常に

 開放的な雰囲気です。

 

 

 出発ロビーは時間に関係なくいつも混雑しています。
 ビジネスマン、旅行者、家族連れと老若男女さまざまです。
 そんな人々の目印になるのは、第1ターミナルには8つ、

 第2ターミナルには4つある時計台です。
 等間隔に立てられており、非常に高く、しかも番号が付いて

 いるのでわかりやすく、待ち合わせをするには最適です。

 

 出発ロビーに目立つのはやはり自動発券機や自動チェックイン

 機です。膨大な旅客数をこなすには、大変役立っているよう

 です。
 羽田ー札幌線はドル箱路線と呼ばれ、日本で一番旅客数の

 多い路線です。短い時間間隔で次々と出発する便に、搭乗

 手続きを間に合わせるためにはやはり自動チェックイン機は

 欠かせない存在です。

 

 第2ターミナルで話題になったのが、ホテルと出発ロビーが

 自動ドアでつながった「羽田エクセルホテル東急」です。
 ホテルを出ればすぐに出発ロビー。非常に便利です。
 ホテル内にもJALとANAの自動チェックイン機が設置

 されています。

各社カウンターの様子

ANAスーパーシート専用カウンター
  
ANAの手荷物チェックインカウンター

JALグローバルクラブ専用カウンター
    
JALの国際線乗り継ぎカウンター

スターフライヤーのカウンター
  
スカイマークエアラインズカウンター

エア・ドゥのカウンター
  
スカイネットアジア航空のカウンター

国際線ターミナルのアシアナ航空
  
国際線ターミナルの大韓航空
案内所−INFORMATION−

 インフォメーションは各階にあり、さまざまな質問に答えてくれ

 ます。 国内線中心といってもやはり外国人も多い羽田空港。

 案内所のスタッフも語学力は必然です。

 エスカレーターは各所に多くありますが、エレベーターは小さい

 し少ないです。これだけいつも混雑している空港なので足りない

 ように思われました。

国際線ターミナル
 国際線ターミナルは2階建てで非常に小さく、出発口と到着口

 が同じフロアにあります。ゲートは3つです。

 航空会社は日本航空、全日空、アシアナ航空、大韓航空が

 あります。羽田空港国際線の路線は主にソウル行き。
 ソウルといっても新しくできた仁川(インチョン)空港では

 なく、昔の金浦空港へ出発します。



見事に全部金浦行き!
 羽田は都心から近く、金浦はソウル市内から近い。(仁川は空

 港から市内までバスで1時間以上かかります!)そして飛行

 時間も短いことを思うと、成田から飛び立つより羽田からの

 チャーター便を利用したほうが便利なのです。

 この日も小さな国際線ターミナルは混雑していましたが、

 それも納得できます。実際リムジンバスを利用しても成田ー

 羽田間は75分、3000円もかかるのです。

羽田空港の今後

 2009年には羽田空港の4番目の滑走路になる、羽田沖の

 2500mの滑走路が供用開始になる予定です。
 そうすれば、既に飽和状態の国内線離発着枠を増やすことが

 できます。
 そして、国際線ターミナルも拡張され、とくに夜間(23時〜

 6時)、成田空港が使用できない時間などの国際線空港として

 の役割も重要になってきます。

 羽田空港は今後さらに大きな空港に進化しようとしているの

                       です。

羽田空港の飛行機たち

 

 

 

 黒い塗装が特徴のスターフライヤーの飛行機と
 日本航空旧ロゴ(鶴丸)機。

 

 

 

 

 

 

 集まるように駐機しているJAL機。

 

 

 

 

 

 GSE(グランド・サービス・イクイップメント)も全て外され
 出発を待つばかりのJAL機。

 


Q. 羽田空港のグランドスタッフになるにはどこに就職したらいいの?

JALスカイ東京、ANAグランドサービスアソシエイツ、またスカイマークエアラインズ、スカイネットアジア航空、スターフライヤーの羽田支店などが主なグランドスタッフの会社です。
また航務を専門業務とするJALウェイブもあります。
航務とは・・?JALウェイブのホームページに進む

羽田空港取材を終えて
日本一忙しい空港と呼ばれるだけあって、国内線のみに、大きなターミナルを2つも構えるほど、
広い敷地です。
展望台に上がれば、休む暇なく次々に離発着陸する飛行機を見ることが出来ます。
空を見上げれば、着陸を待つ飛行機のライトが等間隔で旋回中・・・。
ターミナルの周りにはたくさんのバス、タクシー、乗用車。
ターミナルの中は、端から端が見えないほどあるカウンター。そして、人人人。
やはりここ羽田空港は、日本の中心地東京にある空港です。
24時間休まずに、忙しく動き続けているのです。

2009年に国際線ターミナルが拡張され、離発着数がさらに増えたなら、
今よりも忙しい空港になること間違いないです。
しかし、そんな活気的な場所で仕事が出来たら幸せですね。
自動チェックイン機が大量に導入されても、機械には出来ないことはたくさんあります。
スタッフが担う仕事は重要です。
就活ネットは日本の中心の空港で、皆さんが希望の仕事に就けますように応援しています。
頑張ってくださいね!!

(就活ネットスタッフ F)

羽田空港旅客ターミナル


羽田空港の風景
第1と第2ターミナルの間にある
羽田スカイアーチ
待ち合わせに便利な
背の高い時計台
第1ターミナルに3箇所、
第2ターミナルに2箇所、
十分な座席数のエアポートラウンジ
到着ロビーには到着した人、
出迎えの人がたくさん
赤が第1ターミナル「ビッグバード」
青が第2ターミナル
おしゃれなマーケットプレイス
JALスマイルサポートカウンター
お子様、お年寄り、サポートの必要な
お客様の専用相談窓口
近代的なデザインの管制塔
JALのケータリング会社:TFK

このページのTOPへ